So-net無料ブログ作成
検索選択

5年先を行く、三河。 [BRAVIA]

俺A「なんでも愛知の三河地方では、ソニーのBRAVIAでハイビジョンゲームシアターを組むのが流行っているらしいぜ?」

俺B「マジ!?」

俺A「マジ。だってボクが納品しとるんだもん。見たい?」

俺B「うぉー!見たい!ミルちゃん、キクちゃん、なんだろうくん!」

俺A「古いねぇ~。昭和だねぇ~。NHKの番組だっけか?」

俺B「そう、よく分かるねぇ!」

俺A「まぁな。自作自演だし。」

俺B「ちなみに、なんだろうくんの声は花沢さんと同じだった気がする。」

という訳で、続きへ。

俺A「まずは、Nさん宅。BRAVIAは、KDL-40X25000だ。同時にプレイステーション3と、ハイビジョンレコーダーのスゴ録も納品。」

俺B「奥さん、モリ見してるよ!?」

俺A「うん、「すごい~!字がハッキリしてるぅ~」と仰ってみえた。接続はもちろんHDMI。」
俺A「なお、ベゼルのカラーはブルーをチョイスされた。さすがNさん、そしてソニー。高品質な色。」

俺A「次は、Iさん宅。BRAVIA KDL-52X2500だ!」

俺B「写真では分かりづらいけど、実物を目のあたりにすると、デカイんだよねぇ!!」

俺A「その通り。箱から出した瞬間、デカッ!!と声に出してしまった。」

俺A「ちなみに、箱はこんな感じ。デカさが伝わりづらいけども。」

俺B「うん、大きい気がする。」

俺A「調整中。スバラシィゲーム環境。BRAVIAの他、プレイステーション3も同時に納品させてもらった。」
「ホームシアターは数年前に購入いただいたDAV-S880という機種だけども、硬派なデザインでファンが多い。Iさんと俺の2人。」

俺B「少なっ!!」

俺A「いやいや、ソニー好きの二人がイイと言うんだから、イイの。」

俺A「さて、次はSさん宅。」
「プレイステーション3に、XBOX360に、最強のゲーミング環境がここにっ!」

「BRAVIA LDK-46X5000!おき楽リモコンの付いた新型だぜっ!!」
「同時納品のホームシアターも、新発売のDAV-IS10。これが超~、イイ!!」
「プレイステーション3も
同時納品。」
「ホームシアターとBRAVIAは、HDMI接続でBRAVIA LINKも設定。」

俺B「??どこにホームシアターがあるの??」

俺A「え?分からん??もう一度写真を見せよう。」

俺B「んー?どこ?(・・)」

俺A「ここ。」

俺B「ち、ちっさ!!」

俺A「そーなんよ、そーなんよ!ちっさいのよ!」

俺A「でもね、コイツがカッコイイの!」
「大型テレビにも負けない音に、このコンパクトさ!」
「パソコンディスプレイでプレステ3をやっているような人にもオススメだね。なんせ場所を取らない!」

はい、俺Aと俺B、お疲れ。
さて、通常モードに戻りますね。

そうなんですっ!
新発売のDVDホームシアターシステムDAV-IS10ですが、これがイイ!

カタログ情報を見て一目惚れしましたが、実物を見ると、とってもソニーらしい品質の良さを感じて、カッコイイのです。
まずはコブシとの大きさ比較。

小さいですねぇ。

500円玉と比べると、こんな感じ。

後ろ姿もイケている!


このシルバーの部品は、スピーカーケーブルのフタを兼ねているんですが、金属製で重厚感があります。しかも六角レンチで固定するようになっており、小さい=安っぽい、とならないところがソニーらしいです。

そして足のシリコンゴム?ですが、ガラス面のような平滑度の高い所に、ぴったり固定します。粘着ではないんですが、密着!といった感じで、小さなスピーカーをしっかりホールドします。
こんな所でもびっくりです。

リアスピーカーも同じサイズ。
今回は、別売の専用スピーカースタンド“WS-IS10F”を使用しました。写真は、忘れちゃった!

それで音はどうか?ですよね、気になるのは。
これがですねぇ。。46インチの大画面に負けてないんですよ。。
スゴイです。

ウーハーが頑張ってるので、音のバランスもイイです。
このホームシアターシステムDAV-IS10については、また別の記事で詳しく書きますね。

とりあえず、今日はこんなところで。

それにしても、プレイステーション3を持っている人は、BRAVIA Xシリーズ指名買いです。
ボクも、この組み合わせは最強だと思っていますので、お勧めの組み合わせです。
サイズは、部屋の広さというよりは、普段見ているテレビからの距離で選ぶのが一番です。
6畳で46インチでも、決して大きすぎませんよ。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 3

ノムケン

うわぁ・・・全部僕のあこがれのような環境です^^

>畳で46インチでも、決して大きすぎませんよ。

液晶がほしくて店頭を見て回っていたら、32型の液晶TVに「6畳用」というのが貼ってあったのを見て、ホントにビックリしました(笑)
さすがに6畳部屋に32型は大きすぎやしないか、と。

しかしながら液晶TVから受ける目への負担がブラウン管に比べ遙かに少なく、問題なく思えるようになった僕です。



僕の部屋も6~7畳ぐらいなので、32型以下の液晶TV購入検討してました。しかしXシリーズがPSと相性がいい、40型もイケるという話を聞けたので候補を広げたいと思います!
by ノムケン (2007-11-24 21:51) 

JSOGA

ノムケンさん、コメントありがとうございます。

気軽にテレビを見るためなら、「32型6畳用」と、部屋のサイズで画面サイズを提案するのもアリかもしれませんね。
でも、ゲームや映画を迫力画面で楽しみたい!というニーズには32型では「小さい」と感じることも事実です。

ブラウン管時代は、32型もあると奥行きが場所をとってしまい、部屋が狭く感じました。
しかし薄型の液晶になり、奥行きが部屋を圧迫しなくなで設置は壁際に寄ります。つまり今までよりも画面が遠くなるわけですね。
その結果、同じサイズの32型ブラウン管から32型液晶へ買い換えた場合、見た目が「今までよりも小さく」感じてしまうわけですね。ここもポイントです。

これらはBRAVIAを購入された方の意見や、納品した経験から出たコメントなので自信を持っています。

ちなみに、ボクの部屋では約7畳の部屋で80インチスクリーンを使用していますが、サイズは慣れます。
80インチに慣れると100インチが欲しくなるもんです(苦笑)

あと、ソニーショップに行くとBRAVIAの実物大ポスターがもらえますから、自分の部屋の壁に張って大きさをイメージすることが可能ですよ。
by JSOGA (2007-11-26 01:57) 

ノムケン

へぇ、慣れるものなんですね。
それに飽き足らず100インチとは・・・
さすがというところでしょうか^^

実物大ポスターもらえるという話ははじめて知りました!
これは僕の部屋にBRAVIAを購入するにあたって、貴重な指標になります。
是非ソニーショップに足を運んでから選びたいと思います。

高額の買い物、失敗したくはないですからね^^
by ノムケン (2007-11-27 22:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。